不動産購入コンサルティング

ご希望や条件に合った不動産を紹介いたします。

多額の現金や預貯金をお持ちの場合、不動産の購入によって相続税の節税効果が期待できます。

土地を所有している場合、遺産の評価額を計算するときは 『路線価方式』 という方法で計算をします。
路線価は通常取引される価格の80%前後の評価額となるため、遺産の総額を少なくすることができ、それに伴って納付する相続税の額も少なくすることができます。

担当専門家
不動産コンサルタント
料金
契約内容に応じて個別見積り
手続きに必要なもの
特にございません
ワンポイントアドバイス!
相続税の節税のポイントは遺産の総額をいかに少なくするかです。

たとえば、現金1,000万円は当然1,000万円の評価額がつきます。
しかし、1,000万円で買った土地の場合は路線価で評価されるため800万円前後の評価額になります。

つまり、現金よりも不動産をもっておく方が遺産の総額を少なくすることができるのです。

ただし、相続税を納めなければならない場合、原則として現金一括納付となりますので、納税分の現金は確保しておきましょう。

PAGE TOP