第10話『遺留分』 ~最低限保障されている割合~

 

今回のテーマは「遺留分」です。

 

遺留分とは

遺留分とは相続権を持つ人が法律上、最低限保障されている取り分のことを指します。

 

遺留分は亡くなった方との続柄によって次の表ように決められています。

 

法定相続分と同じで、子、親、兄弟姉妹が複数いる場合は上記の割合を均等に割ります。

 

また、法定相続分とは異なり、兄弟姉妹には遺留分はありません。

 

 

遺留分に注意した遺産分割を!

相続する割合の目安は法定相続分として用意さており、遺言書によってこの割合を修正することは可能です。

しかし、どんな割合に修正してもよいかというそういう訳にはいきません。

 

明らかに一人だけ相続分が少ないと不満が発生し、トラブルの原因となってしまいます。

遺産分割の際は遺留分に十分注意する必要があります。

関連記事

  1. 第14話『相続権の放棄』 ~相続放棄を詳しく解説~

  2. 第29話『法定後見制度 まとめ』 ~3つの制度を比較~

  3. 第2話『納税資金の確保』

  4. 第91話『相続手続きのスケジュール』 ~期限がある重要な手続…

  5. 第25話『任意後見制度と法定後見制度』 ~わかりやすく比較~…

  6. 第100話『家族信託で当事者が死亡した場合』 ~どういう扱い…

相続関連記事

PAGE TOP