民法解説 ~民法とは~

 

相続の基本的なルールは「民法」という法律に書かれています。

つまり、民法は「相続のルールブック」と言っても過言ではありません。

 

民法の条文を分かりやすく解説していきますので、万が一の時に備えてしっかり理解してください。

 

 

民法とは

民法とは一般人同士の間のルールについて書かれた法律です。

民法は第1編~第5編の5部構成となっており相続は第5編に記載があります。

 

第1編 総則

第2編 物権

第3編 債権

第4編 親族

第5編 相続

 

民法の条文は第1条~第1044条まであり、相続のルールは第882条~第1044条に書かれています。

 

 

「第5編 相続」の構成

相続だけでも163の条文があります。

163の条文は次のように8つの章によって構成されています。

 

第1章 総則

第2章 相続人

第3章 相続の効力

第4章 相続の承認及び放棄

第5章 財産分離

第6章 相続人の不存在

第7章 遺言

第8章 遺留分

 

 

解説の流れ

条文1つごとに1つの記事で投稿し、ルールの解説を行います。

 

実際の記事では

1.法律を原文のまま記載

2.原文を意訳して言い換え

3.条文の解説

という流れで全部で3部構成を原則とします。

 

 

できる限り分かりやすい解説を心掛けていきますので、少しでも皆様のお役に立つことができれば幸いです。

関連記事

  1. 民法第1019条「遺言執行者の解任及び辞任」

  2. 民法第889条「直系尊属及び兄弟姉妹の相続権」

  3. 民法第953条「不在者の財産の管理人に関する規定の準用」

  4. 民法第933条「相続債権者及び受遺者の換価手続への参加」

  5. 民法第968条「自筆証書遺言」

  6. 民法第954条「相続財産の管理人の報告」

相続関連記事

PAGE TOP