民法第898条「共同相続の効力」

 

民法第898条 共同相続の効力

相続人が数人あるときは、相続財産はその共有に属する。

 

意訳

相続権をもつ人が複数いる場合、は全員が共有している状態とする

 

条文解説

相続人が1人の場合は、被相続人産はその相続人が単独で相続することになりますが、相続人が複数人いる場合は、遺産は一旦全員が共有することになります。

 

遺言書を遺さずに亡くなられたり、言書に書かれていない財産があなどは遺産分割協議という相続同士の話し合いによって、誰が遺の次の所有者になるのかを決めなければなりません。

たとえば遺産を売却して現金に換えり、被相続人が所有していた不動産を他人に貸し出したりする場合には、共有状態ですと共有者全員の合意をとる必要があり、手続きにかかる労力や時間が大きくなってしまいます。

 

遺産分割協議には期限の決まりはあませんが、できるだけ早く次の所有者を決め、共有状態を解消することが望ましいでしょう。

 

関連情報

遺産分割協議

遺産分割の基準

 

関連記事

  1. 民法第885条「相続財産に関する費用」

  2. 民法第993条「遺贈義務者による費用の償還請求」

  3. 民法第991条「受遺者による担保の請求」

  4. 民法第963条「遺言能力」

  5. 民法第903条「特別受益者の相続分」

  6. 民法第976条「死亡の危急に迫った者の遺言」

相続関連記事

PAGE TOP