民法第920条「単純承認の効力」

 

民法第920条 単純承認の効力

相続人は、単純承認をしたときは、無限に被相続人の権利義務を承継する。

 

意訳

相続人が相続を単純承認したときは、被相続人の権利と義務を無限に引き継ぐ。

 

条文解説

相続が発生した時には相続人は

1.単純承認

2.限定承認

3.相続放棄

のいずれかの判断をしなければなりません。

 

相続の単純承認とは、亡くなった方の権利と義務を全て相続することを意味します。

したがって、単純承認を選択した場合には現預金や不動産といったプラスの財産だけでなく、借金や未払い金などのマイナスの財産も全て相続することになります。

 

関連記事

  1. 民法第892条「推定相続人の廃除」

  2. 民法第905条「相続分の取戻権」

  3. 民法第966条「被後見人の遺言の制限」

  4. 民法第962条「遺言能力」

  5. 民法第913条「資力のない共同相続人がある場合の担保責任の分…

  6. 民法第991条「受遺者による担保の請求」

相続関連記事

PAGE TOP