民法第925条「限定承認をしたときの権利義務」

 

民法第925条 限定承認をしたときの権利義務

相続人が限定承認をしたときは、その被相続人に対して有した権利義務は、消滅しなかったものとみなす。

 

意訳

限定承認を選択したときは、相続人と被相続人(亡くなった方)の間にあった権利義務は消滅しなかったとみなす。

 

条文解説

この条文を解説するうえで最も典型的な例は、相続人の1人が被相続人にお金を貸していたケースです。

この場合「(お金を借りた)相続人に借金を返済する義務」(債務)が遺産に含まれることになります。

この返済義務をお金を貸していた本人が相続すると、同一人物が相反する権利義務をもつことになり、通常は「混同」と言って、もっていても意味のない相反する権利義務は消滅することになります。

つまり「借金を返済する義務」を負ったことにより「借金を返済してもらう権利」は混同で消滅することになり、借金の返済を受けたと解釈することができます。

そうなると、他にも債権者(被相続人にお金を貸していた人など)がいた場合「この相続人だけ優先的に返済を受けたのは不公平だ!」と言って利害関係に大きな影響を及ぼすことになってしまいます。

そこで、このようなケースを避けるために相続人と被相続人との間の権利義務、すなわち「お金を返してもらう権利」や「お金を返済しなければならない義務」は消滅しなかったとみなすというルールが定められました。

 

関連記事

  1. 民法第954条「相続財産の管理人の報告」

  2. 民法第956条「相続財産の管理人の代理権の消滅」

  3. 民法第951条「相続財産法人の成立」

  4. 民法第920条「単純承認の効力」

  5. 民法第907条「遺産の分割の協議又は審判等」

  6. 民法第983条「特別の方式による遺言の効力」

相続関連記事

PAGE TOP