民法第929条「公告期間満了後の弁済」

 

民法第929条 公告期間満了後の弁済

第927条第1項の期間が満了した後は、限定承認者は、相続財産をもって、その期間内に同項の申出をした相続債権者その他知れている相続債権者に、それぞれその債権額の割合に応じて弁済をしなければならない。ただし、優先権を有する債権者の権利を害することはできない。

 

意訳

限定承認の公告期間が満了した後、限定承認者は請求の申出をした相続債権者や把握している債権者に対して債権額の割合に応じて遺産のなかから弁済をしなければならない。

ただし、優先的に弁済を受ける権利を持っている人がいる場合は、その権利が優先される。

条文解説

限定承認の公告期間が満了した後は「誰にいくら弁済すればよいか」が確定するので、実際に弁済の手続きすることになります。

弁済の割合は、原則として各債権者がもっている債権額の割合に応じて弁済されることになります。

ただし、抵当権、質権、留置権など、優先的に弁済を受ける権利を持っている人がいる場合は、その人への弁済が優先されることになります。

 

関連記事

  1. 民法第968条「自筆証書遺言」

  2. 民法第952条「相続財産の管理人の選任」

  3. 民法第904条の2「寄与分」

  4. 民法第891条「相続人の欠格事由」

  5. 民法解説 ~民法とは~

  6. 民法第967条「普通の方式による遺言の種類」

相続関連記事

PAGE TOP