民法第930条「期限前の債務等の弁済」

 

民法第930条 期限前の債務等の弁済

限定承認者は、弁済期に至らない債権であっても、前条の規定に従って弁済をしなければならない。

2項

条件付きの債権又は存続期間の不確定な債権は、家庭裁判所が選任した鑑定人の評価に従って弁済をしなければならない。

 

意訳

限定承認を選択した場合、限定承認者は弁済の期限が来ていない債権であっても弁済をしなければならない。

 

2項

停止条件付き、解除条件付きの債権または存続期間の不確定な債権については家庭裁判所が選任した鑑定人の評価に従って弁済をしなければならない。

 

条文解説

限定承認を選択した場合において、債権者に対して早期に清算を済ませる目的で設けられたルールです。

通常、弁済期が来ていない債権については債務者は弁済する必要はありませんが、弁済期が到来するのを待っているといつまで経っても他の債権者を含めて清算をすることができません。

そのため、たとえ弁済期に至っていない債務であっても、これについては弁済をしなければならないというルールが設けられました。

 

2項

1項と同様、条件付きの債権についても条件の成就を待っているといつまで経っても清算をすることができません。

しかし、条件が成就していない以上、債権者・債務者の間で債権の価値を評価することは困難です。

そこで家庭裁判所が選任した鑑定人が債権の価値を評価し、債務者はその評価に従って弁済をしなければならないと定めました。

 

関連記事

  1. 民法第917条「相続の承認又は放棄をすべき期間」

  2. 民法第956条「相続財産の管理人の代理権の消滅」

  3. 民法第902条「遺言による相続分の指定」

  4. 民法第949条「財産分離の請求の防止等」

  5. 民法第921条「法定単純承認」

  6. 民法第894条「推定相続人の廃除の取消し」

相続関連記事

PAGE TOP