民法第939条「相続の放棄の効力」

 

民法第939条 相続の放棄の効力

相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす。

 

意訳

相続放棄をした人は初めから相続人とならなかったとみなす。

 

条文解説

相続放棄をした人は遺産に関する権利をもつことなく、そもそも相続人ではなかったことになります。

その結果、放棄した人以外にも相続人がいる場合は、その相続人たちの法定相続分が増えることになります。

また、唯一相続権をもっていた人が相続を放棄した場合は、次の順位の相続人に権利が移っていきます。(たとえば第一順位である子が放棄をした場合は第二順位の直系尊属に相続権が移ります)

なお、相続放棄をした場合、代襲相続は認められません。

 

★相続放棄に関するご相談はこちら

 

 

関連記事

  1. 民法第956条「相続財産の管理人の代理権の消滅」

  2. 民法第957条「相続債権者及び受遺者に対する弁済」

  3. 民法第958条「相続人の捜索の公告」

  4. 民法第945条「不動産についての財産分離の対抗要件」

  5. 民法第924条「限定承認の方式」

  6. 民法第970条「秘密証書遺言」

相続関連記事

PAGE TOP