民法第940条 相続の放棄をした者による管理

 

民法第940条 相続の放棄をした者による管理

1項

相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。

2項

第645条、第646条、第650条第1項及び第2項並びに第918条第2項及び第3項の規定は、前項の場合について準用する。

 

意訳

1項

相続放棄をした人は、実際に遺産を相続した人がその管理ができるようになるまでの間、自分の財産と同じように注意して遺産の管理をし続けなければならない。

 

2項

1項のルールに基づいて遺産を管理する人は、645条(受任者による報告)、646条(受任者による受取物の引渡し等)、650条(受任者による費用等の償還請求等)、918条(相続財産の管理)のルールに従わなければならない。

 

条文解説

1項

原則として相続放棄をした人は初めから相続人ではなかったとして扱われるため、遺産に関する権利や義務をもつことはありません。

しかし、放棄をした結果、相続権が次の順位の人に移り、その人が遺産を相続することになったとしても、すぐに遺産を管理できるとは限りません。

そのため、実際に遺産を相続する人がその管理できるようになるまでの間,放棄した人に対して遺産の管理を継続する義務をこの条文で課しました。

 

2項

相続放棄をした人が遺産を管理する場合は民法第645条、第646条、第650条第1項及び第2項並びに第918条第2項及び第3項(下記 関連条文参照)のルールに従わなければなりません。

相続放棄をした人を「遺産の管理を任せられた人(受任者)」、実際に遺産を相続する人を「管理を任せた人(委任者)」として扱うことになります。

 

 

関連条文

民法第645条 受任者による報告

受任者は、委任者の請求があるときは、いつでも委任事務の処理の状況を報告し、委任が終了した後は、遅滞なくその経過及び結果を報告しなければならない。

 

民法第646条 受任者による受取物の引渡し等

1項

受任者は、委任事務を処理するに当たって受け取った金銭その他の物を委任者に引き渡さなければならない。その収取した果実についても、同様とする。

2項

受任者は、委任者のために自己の名で取得した権利を委任者に移転しなければならない。

 

民法第650条 受任者による費用等の償還請求等

1項

受任者は、委任事務を処理するのに必要と認められる費用を支出したときは、委任者に対し、その費用及び支出の日以後におけるその利息の償還を請求することができる。

2項

受任者は、委任事務を処理するのに必要と認められる債務を負担したときは、委任者に対し、自己に代わってその弁済をすることを請求することができる。この場合において、その債務が弁済期にないときは、委任者に対し、相当の担保を供させることができる。

 

民法第918条 相続財産の管理

2項

家庭裁判所は、利害関係人又は検察官の請求によって、いつでも、相続財産の保存に必要な処分を命ずることができる。

3項

第27条から第29条までの規定は、前項の規定により家庭裁判所が相続財産の管理人を選任した場合について準用する。

 

関連記事

  1. 民法第897条「祭祀に関する権利の承継」

  2. 民法第945条「不動産についての財産分離の対抗要件」

  3. 民法第907条「遺産の分割の協議又は審判等」

  4. 民法第942条「財産分離の効力」

  5. 民法第930条「期限前の債務等の弁済」

  6. 民法第917条「相続の承認又は放棄をすべき期間」

相続関連記事

PAGE TOP