民法第948条「相続人の固有財産からの弁済」

 

民法第948条 相続人の固有財産からの弁済

財産分離の請求をした者及び配当加入の申出をした者は、相続財産をもって全部の弁済を受けることができなかった場合に限り、相続人の固有財産についてその権利を行使することができる。この場合においては、相続人の債権者は、その者に先立って弁済を受けることができる。

 

意訳

財産分離の請求をした者および配当加入の申出をした者は、相続財産から満額弁済を受けることができなかった場合に限り、相続人の本来の財産のなかから弁済を受けることができる。

ただし、相続人にも債権者がいる場合はその債権者が先に弁済を受けることができる。

 

条文解説

亡くなった被相続人に相続債権者が存在し財産分離の請求がされ、さらに相続人にも債権者がいる場合に「誰に対して、どの財産から、どの順番で弁済するか」が書かれた規定です。

相続債権者が相続財産のなかから満額弁済を受けられなかった場合、次に相続人の財産から弁済の請求をするのは当然考えられる流れです。

しかし、その相続人にも借金があり債権者がいる場合には、その債権者の立場が突然不安定になってしまいます。

そこで、相続人が相続債権者から本来もっていた財産のなかから弁済を求められた場合には、まず相続人の債権者に対して弁済を行い、その後に相続債権者が弁済を受けられなかった部分について弁済を受けることができるとしました。

 

関連記事

  1. 民法第982条「普通の方式による遺言の規定の準用」

  2. 民法第976条「死亡の危急に迫った者の遺言」

  3. 民法第917条「相続の承認又は放棄をすべき期間」

  4. 民法第969条の2「公正証書遺言の方式の特則」

  5. 民法第892条「推定相続人の廃除」

  6. 民法第958条の2「権利を主張する者がない場合」

相続関連記事

PAGE TOP