民法第952条「相続財産の管理人の選任」

 

民法第952条「相続財産の管理人の選任」

1項

前条の場合には、家庭裁判所は、利害関係人又は検察官の請求によって、相続財産の管理人を選任しなければならない。

2項

前項の規定により相続財産の管理人を選任したときは、家庭裁判所は、遅滞なくこれを公告しなければならない。

 

意訳

1項

相続人の存在が明らかでない場合には、家庭裁判所は当該相続に関する利害関係人や検察官の請求によって、相続財産の管理人を選任しなければならない。

2項

相続財産の管理人が選任されたときは、家庭裁判所は遅れることなく、相続財産管理人が選任されたことを公告しなければならない。

 

条文解説

1項

相続権をもつ人がいない場合の手続きの2つ目は「相続財産管理人の選任」です。(1つ目は相続財産の法人化

これは利害関係人または検察官が家庭裁判所に請求することによって行われます。

ここでいう利害関係人とは亡くなった方の債権者や債務者、特定遺贈(特定の財産を指定し遺贈すること)を受けた人がこれらに含まれます。

2項

相続財産管理人が選任された時は、家庭裁判所は官報に掲載するなどの方法によって公告を行います。

これは相続人に対する呼びかけの意味合いがあります。

つまり「○○さんが亡くなって、相続人が存在しないと判断されています。もし相続権をもつ人がいるならば出てきてください」という感じです。

この公告から2ヶ月以内に相続人が現れなかった場合には次の手続き(相続債権者や受遺者に対する公告、957条)に進みます。

 

関連記事

  1. 民法第921条「法定単純承認」

  2. 民法第942条「財産分離の効力」

  3. 民法第943条「財産分離の請求後の相続財産の管理」

  4. 民法第1014条「特定財産に関する遺言の執行」

  5. 民法第958条「相続人の捜索の公告」

  6. 民法第990条「包括受遺者の権利義務」

相続関連記事

PAGE TOP