民法第960条「遺言の方式」

 

民法第960条 遺言の方式

遺言は、この法律に定める方式に従わなければ、することができない。

 

意訳

遺言書は、この法律(民法)に定める方式に従って書かなければならない。

 

条文解説

遺言書を遺すことは、他人が関与しない単独の行為となります。

遺言書は書いた人が生きている間は効力はなく、亡くなってはじめて遺言書としての効力をもちます。

ところが、亡くなってしまった以上、本人の遺志を確認することはできません。

もし、一人一人が自由な書き方で遺言書を書いてしまえば、本当の遺志を読み解くのが困難となるだけでなく、偽造も簡単にできてしまうなど、大きな混乱を招く可能性があります。

そこで、有効な遺言書として認められるためには、民法が定める方式で書かなければならないと決められました。

 

民法の定める方式とは「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」を指します。

 

関連記事

  1. 民法第923条「共同相続人の限定承認」

  2. 民法第918条「相続財産の管理」

  3. 民法第892条「推定相続人の廃除」

  4. 民法第975条「共同遺言の禁止」

  5. 民法第915条「相続の承認又は放棄をすべき期間」

  6. 民法第907条「遺産の分割の協議又は審判等」

相続関連記事

PAGE TOP