民法第961条「遺言能力」

 

民法第961条 遺言能力

十五歳に達した者は、遺言をすることができる。

 

意訳

遺言書は15歳から書くことができる。

 

条文解説

原則として、契約など法律に基づいて行う行為については未成年の人は保護者などの同意がないとすることができません。

遺言書を書くことも法律に基づいて行う行為ではあるのですが、この条文では15歳から遺言書を書くことができるとされています。

遺言書は書いた人の遺志を確認、尊重するためのものであるため、自分が書いた内容を理解できる年齢(民法では15歳)に達していれば遺言書を遺すことができるとしました。

できる限り故人の遺志を尊重するために設けられた年齢制限緩和の例外的措置でもあります。

また、遺言書は書いた人が亡くなった後に効力が発生するものであるため、未成年者の財産保護の必要性や第三者に損害を与えるおそれもないため、未成年であっても一人で遺言書を書くことができるといわれています。

 

 

関連記事

  1. 民法第890条「配偶者の相続権」

  2. 民法第991条「受遺者による担保の請求」

  3. 民法第919条「相続の承認及び放棄の撤回及び取消し」

  4. 民法第1012条「遺言執行者の権利義務」

  5. 民法第911条「共同相続人間の担保責任」

  6. 民法第984条「外国に在る日本人の遺言の方式」

相続関連記事

PAGE TOP