民法第963条「遺言能力」

 

民法第963条 遺言能力

遺言者は、遺言をする時においてその能力を有しなければならない。

 

意訳

遺言書を書く人は、「書く時点」において遺言能力をもっていなければならない。

 

条文解説

遺言書を書くためには「15歳に達していること」と「自分が書いた内容を理解していること」の2つの要件を満たさなければなりません。

これらの一方が欠けた状態で書かれた遺言書は無効となる可能性が非常に高くなります。

 

遺言書は書いた人が亡くなって初めて効力をもつ文書です。

したがって、遺言書を書いた時点から相当な時間が経過してはじめて効力をもつ場合もあります。

有効な遺言書として認められるためには、あくまでも「遺言書を書く時点」で上記2つの要件を満たしておく必要があり、時間の経過のなかで要件が欠ける状態(認知症を患い、遺言書の内容を理解できなくなった等)になったとしても、その遺言書が当然に無効になることはありません。

 

 

関連記事

  1. 民法第911条「共同相続人間の担保責任」

  2. 民法第897条「祭祀に関する権利の承継」

  3. 民法第921条「法定単純承認」

  4. 民法第926条「限定承認者による管理」

  5. 民法第904条「特別受益者の相続分」

  6. 民法第959条「残余財産の国庫への帰属」

PAGE TOP