民法第980条「遺言関係者の署名及び押印」

 

民法第980条 遺言関係者の署名及び押印

第九百七十七条及び第九百七十八条の場合には、遺言者、筆者、立会人及び証人は、各自遺言書に署名し、印を押さなければならない。

 

意訳

第977条(伝染病隔離者の遺言)および第978条(在船者の遺言)の方式において遺言をする場合、遺言者、筆者、立会人および証人は、各自遺言書に署名し、印を押さなければならない。

 

条文解説

「伝染病隔離者の遺言(一般隔絶地遺言)」も「在船者の遺言(船舶隔絶地遺言)」も、一般社会との交通が断たれた場所に置かれた人が、公正証書遺言を遺したくても公証役場に行けず、これを遺すことはできないため、それに代わって用意された制度です。

公正証書遺言の代わりという意味では、遺言の偽造・変造を防止するための厳格な対策が求められます。

そこで、この条文では「一般隔絶地遺言」または「船舶隔絶地遺言」の方式で遺言をした場合は、遺言者も含めて遺言の作成に関わった全員に署名と押印を求め、遺言の偽造・変造を予防する対策としています。

 

関連記事

  1. 民法第918条「相続財産の管理」

  2. 民法第958条の3「特別縁故者に対する相続財産の分与」

  3. 民法第932条「弁済のための相続財産の換価」

  4. 民法第900条「法定相続分」

  5. 民法第981条「署名又は押印が不能の場合」

  6. 民法第890条「配偶者の相続権」

相続関連記事

PAGE TOP