民法第1023条「前の遺言と後の遺言との抵触等」

民法第1023条 前の遺言と後の遺言との抵触等

前の遺言が後の遺言と抵触するときは、その抵触する部分については、後の遺言で前の遺言を撤回したものとみなす。

 

2項

前項の規定は、遺言が遺言後の生前処分その他の法律行為と抵触する場合について準用する。

 

意訳

遺言書が複数見つかった場合において、遺言書に書かれた内容が抵触している部分があった時は、後に書かれた遺言書によって前の遺言書が撤回されたものとみなす。

 

2項

遺言に書かれていた財産を処分したり贈与したりするなど、遺言を書いた後にその遺言に抵触する行為があった場合は、その遺言は撤回されたものとみなす。

 

条文解説

遺言の撤回について、新しい遺言によってはっきりと『前の遺言を撤回する』と書かれているわけではないが、内容に抵触(矛盾)する部分がある場合には、新しい遺言によって前の遺言が『撤回されたものとみなす』というルールです。

 

たとえば、前の遺言で『自宅を長男に相続させる』と書いていたにもかかわらず、新しい遺言で『自宅を次男に相続させる』と書き直した場合、2つの遺言の内容に抵触する部分があります。

このような場合は、抵触する部分については新しい遺言によって前の遺言が撤回されたとみなされます。(撤回とみなされるのは抵触する部分のみであり、前の遺言全体が撤回されたとみなされるわけではありません)

 

民法第1022条に規定されているように『前の遺言を撤回する』と、新しい遺言にはっきりと書かれていれば分かりやすいですが、そうではなく、前の遺言の内容に抵触する新しい遺言が作成された場合には、前の遺言の内容を維持する考えがなくなったと読み取れるため『前の遺言を撤回したものとみなされる』というわけです。

 

2項

1項は遺言同士の抵触(矛盾)について規定されていましたが、こちらは『遺言と行為』の抵触について規定された条文です。

たとえば、遺言書に『自宅を長男に相続させる』と書いてあったにもかかわらず、事情により第三者に売却をしてしまったようなケースがこれに該当します。

この場合には『自宅を長男に相続させる』という遺言の内容と『自宅を第三者に売却』という行為が抵触することになり、自宅に関する遺言は“売却”という行為によって撤回されたものとみなされます。

 

【相続オールサポート大阪】トップページ

 

関連記事

  1. 民法第981条「署名又は押印が不能の場合」

  2. 民法第950条「相続人の債権者の請求による財産分離」

  3. 民法第970条「秘密証書遺言」

  4. 民法第917条「相続の承認又は放棄をすべき期間」

  5. 民法第945条「不動産についての財産分離の対抗要件」

  6. 民法第928条「公告期間満了前の弁済の拒絶」

相続関連記事

PAGE TOP