第31話『遺言書とその効力』 ~遺言書の基礎知識~

 

今回のテーマは「遺言書とその効力」です。

 

遺言書といえば、相続のなかでも比較的身近なものではないでしょうか。

 

今回は改めて遺言書のもっている力について解説したいと思います。

 

 

遺言書とは

自分の死後、財産の処分の方法や身分に関する法律関係について故人の意思表示を記したものです。

 

遺言は財産や権利の名義を変更させるなど、めて大事なものであるため、その書式は法律によ厳しく決められています。

 

決められた以外の書式で書かれた遺言は無効なるケースもありますので注意が必要です。

 

ちなみに、遺言を書いた人を『遺言者』といいます。

 

 

 

遺言書の効力

遺言は、遺言者が亡くなったときにその効力が発生します。

 

遺言を書くことの最大の目的は、自身の財産を相続人に円滑に相続させ、相続人同士による産をめぐる争いを未然に防ぐことです。

 

そのため、遺産分割においては法律で決められ法定相続分に縛られることなく、遺言を書くことでそれぞれの相続分を変更することができようになっています。

 

「法定相続分の変更」は遺言の最大の効力といえるでしょう。

 

 

★自筆証書遺言の作成アドバイスはこちら

★公正証書遺言の作成サポートはこちら

関連記事

  1. 第34話『自筆証書遺言』 ~概要と書き方のポイント~

  2. 第32話『遺言能力』 ~有効な遺言書を書く能力~

  3. 第33話『遺言書の種類』 ~2つの方式と7つの種類~

  4. 第36話『秘密証書遺言』 ~概要と書き方の流れ~

  5. 第37話『遺言執行者』 ~遺言執行者の選任と役割~

  6. 第35話『公正証書遺言』 ~概要と作成の方法~

相続関連記事

PAGE TOP