民法第885条「相続財産に関する費用」

 

民法第885条 相続財産に関する費用

相続財産に関する費用は、その財産の中から支弁する。ただし、相続人の過失によるものは、この限りでない。

 

 

意訳

相続財産に関する費用は、その財産から支払うこととする。

ただし、相続人の過失によって発生した費用はその相続人の負担にしてもよい

 

 

条文解説

相続財産に関する費用とは主に

1.固定資産税
2.火災保険料
3.修繕費
4.遺産の保全のための費用
5.鑑定費用

などが含まれます。

 

問題は、この費用を誰が負担するかです。

ポイントは、これらの費用を「相続人の財産」から支払わなければならないのか、それとも「遺産」から支払うべきなのかです。

 

通常、遺産を相続した場合は取得した遺産から費用を捻出しようが、相続人が元々もっていた財産から捻出しようが、それは遺産を相続した人の自由ですので特に大きな問題になることはありません。

 

一方、相続放棄限定承認の場合など誰も相続しない遺産がある場合には誰がその費用を負担するのかが問題になります。

この条文では、そのような場合は「遺産から費用を支払いましょう」と規定しています。

 

【相続オールサポート大阪】トップページ

 

関連記事

  1. 民法第936条「相続人が数人ある場合の相続財産の清算人」

  2. 民法第1023条「前の遺言と後の遺言との抵触等」

  3. 民法第959条「残余財産の国庫への帰属」

  4. 民法第960条「遺言の方式」

  5. 民法第924条「限定承認の方式」

  6. 民法第913条「資力のない共同相続人がある場合の担保責任の分…

公式LINEアカウントで相談受付中

友だち追加

相続関連記事

PAGE TOP