民法第967条「普通の方式による遺言の種類」

 

民法第967条 普通の方式による遺言の種類

遺言は、自筆証書、公正証書又は秘密証書によってしなければならない。ただし、特別の方式によることを許す場合は、この限りでない。

 

意訳

遺言書は原則として「自筆証書」「公正証書」「秘密証書」のいずれかの書き方で作成しなければならない。

ただし、事情によりこれらの遺言書を作成できない場合は「特別の方式」の書き方で作成することができる。

 

条文解説

遺言書の方式には「普通方式」と「特別方式」の2つの方式があります。

さらに普通方式には「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類の書き方があり、原則としてこれらのうちのいずれかの書き方で遺言書を作成しなければなりません。

「自筆証書遺言」とは全文を自分で書く遺言書、「公正証書遺言」とは公証役場で公証人と証人の立会いのもと作成する遺言書、「秘密証書遺言」とは遺言書の内容は秘密にしたうえで、遺言書の存在だけを公証人と証人に証明してもらうものです。

どの書き方で遺言書を書くかは遺言者(遺言書を書く人)の自由です。

第33話『遺言書の種類』 ~2つの方式と7つの種類~

 

ご相談メニュー

 

 

関連記事

  1. 民法第959条「残余財産の国庫への帰属」

  2. 民法第915条「相続の承認又は放棄をすべき期間」

  3. 民法第965条「相続人に関する規定の準用」

  4. 民法第940条 相続の放棄をした者による管理

  5. 民法第919条「相続の承認及び放棄の撤回及び取消し」

  6. 民法第951条「相続財産法人の成立」

PAGE TOP