第15話『相続の限定承認』 ~相続放棄すべきか迷った場合~

 

今回のテーマは「相続の限定承認」です。

 

限定承認とは亡くなった方の財産に借金が含まれている場合に使われる相続の方法です。

正直、私もこの『限定承認』のにはまだ出会ったことはありません。

知り合いの弁護士に聞いても、ほとんど扱った例はないようです。

ただ知っていて損をすることはないですので、最後までお読みいただければと思います。

 

 

相続の限定承認とは

相続財産には現金や不動産といった「プラスの財産」と借金といった「マイナスの財産」があります。

 

通常「プラスの財産が多い時」は全部相続し、「マイナスの財産が多い時」は全部放棄する場がほとんどです。

 

では、プラスの財産とマイナスの財産の「どち多いか分からないとき」はどのようにすれいのでしょうか。

 

ここで登場するのが『限定承認』です。

 

『限定承認』とはプラスの財産の範囲内でマイナスの財産も相続するという意味です。

 

 

全部相続? 全部放棄? 限定承認?

限定承認をするとどうなるのでしょうか。

分かりやすいように数字を使いながら比較しいきましょう。

 

 

1.全部相続する場合

相続人はプラスの財産もマイナスの財産もすべ相続することになります。

マイナスの財産については、その返済義務も相人が引き継ぎます。

マイナス財産の貸主は、相続人から3,000万円返済してもらうことができます。

 

2.全部放棄の場合

相続人の手元にはプラスの財産もマイナスの財残りません。

マイナス財産の貸主は3,000万円全部を返してえないことになります。

 

3.限定承認の場合

プラスの財産が2,000万円ですので、マイナス財産も2,000万円だけ相続します。

マイナス財産の貸主は2,000万円は返ってくるで、全部放棄されるよりかはマシです。

 

 

このように、限定承認では額面上、相続する遺産額はゼロとなりますが、マイナスの財産に少しでも返済したいと考えるときには一つ手段として考えてみてもいいかもしれまん。

 

 

限定承認の方法

限定承認は「相続が発生したことを知った時から3ヶ月以内」に家庭裁判所に申し出なければなりません。

これは「相続放棄」のルールと同じですね。

 

もし相続の発生を知った時から3ヶ月が経過してしまうと、「全部相続した」とみなされてしまうため、注意が必要です。

 

また、限定承認は一緒に相続をする相続人全員裁判所に申し出をしなければなりません。

つまり、一人だけの意思では申し出ができないということです。

 

もし相続人の一人が全部相続することを認めたり、限定承認に反対する人がいると、この方法は使えなくなってしまいます。

関連記事

  1. 第26話『後見』 ~後見について詳しく解説~

  2. 第53話『動産の評価方法』 ~現金・預金・株式の評価~

  3. 第42話『遺産分割の基準』 ~遺産分割の考え方~

  4. 第91話『相続手続きのスケジュール』 ~期限がある重要な手続…

  5. 第51話『遺産の範囲』 ~相続の対象となる財産~

  6. 第25話『任意後見制度と法定後見制度』 ~わかりやすく比較~…

相続関連記事

PAGE TOP