第36話『秘密証書遺言』 ~概要と書き方の流れ~

 

今回のテーマは「秘密証書遺言」です。

 

実際、あまり使われていない遺言書ですが、参考にしていただければ幸いです。

 

 

秘密証書遺言とは

遺言書の内容を秘密にしたまま、その存在だけ公証役場で証明してもらう遺言書の方式です。

遺言書が本物か偽物かといった争いを防ぐことできます。

 

 

秘密遺言証書の長所

・遺言の内容を秘密にすることができる

・遺言書を偽造される恐れがない

 

 

秘密遺言証書の短所

・公証役場に行く時間が必要

・公証役場に支払う費用が必要

・裁判所の検認手続きが必要

・要件を満たしていないと、遺言が無効となる場合がある

 

 

秘密遺言証書の作成の流れ

1.作成した遺言書を封筒に入れて封印する

 

2.遺言書と証人2人以上を連れて公証役場に行く

 

3.公証人に遺言書を提出する

 

4.遺言者の氏名、住所を言う

 

5.公証人が、その遺言書が遺言者のものである旨と日付を書く

 

6.遺言者と証人が署名、押印をして完成

 

7.遺言書は遺言者が保管する

 

 

秘密遺言証書作成時の注意

秘密遺言証書はパソコンで書くことも可能ですし、一部または全部を他の人に書いてもらうことも可能です。

 

しかし、遺言書が秘密遺言証書として無効とっても自筆遺言証書として有効となる可能性まだありますので、自筆遺言証書の要件で全文を自書することをオススメします。

 

 

このようにみると、秘密遺言証書は遺言書とての確実性と安全性が担保されていなかったり長所より短所の方が多かったりするため、同じくらい手間と費用をかけるなら『公正証書遺言』を作成しようという方が圧倒的に多くなってます。

 

どうしても他人に遺言の内容を知られたくないという方は利用されてもいいかもしれません。

 

 

★遺言書の内容のアドバイスはこちら

関連記事

  1. 第41話『複数の遺言書が見つかった場合』 ~どれが優先?~

  2. 第31話『遺言書とその効力』 ~遺言書の基礎知識~

  3. 第33話『遺言書の種類』 ~2つの方式と7つの種類~

  4. 第30話『エンディングノートと遺言書』 ~それぞれの比較~

  5. 第39話『効果のない遺言事項』 ~でも遺言書に書いた方がいい…

  6. 第35話『公正証書遺言』 ~概要と作成の方法~

相続関連記事

PAGE TOP