第83話『贈与の種類』 ~3つの贈与とその概要~

 

今回のテーマは「贈与の種類」です。

 

まずは贈与の種類を挙げて、その後にそれぞれの贈与について詳しく紹介をしていきます。

 

 

贈与の種類

代表的な贈与には、一般的にイメージされている贈与のほかに次の3種類があります。

・定期贈与

・負担付贈与

・死因贈与

それでは、それぞれについて具体的に中身をみていきましょう。

 

 

1.定期贈与

贈与者が受贈者に対して一定期間、一定の額を贈与し続けるという内容の贈与契約です。

 

たとえば「毎年100万円贈与する」という契約が定期贈与にあたります。

 

このケースは当初から贈与する総額が決まっていて、それを少しずつ分けて贈与をしていくというパターンです。

 

贈与税には年間110万円の基礎控除があり、この範囲内の贈与に対しては贈与税が課税されません。

 

定期贈与はこの制度を利用して110万円以内の贈与を繰り返すことで節税をしようというのが最大の目的です。

 

ただし、定期的な贈与でも贈与税が課税されケースもあります。

 

たとえば、最初から「総額1,000万円息子に贈与したい」と考えていた場合、毎年100万円ずつを10年間にわたって贈与したとしても、総額の1,000万円に対し贈与税が課せられることがあります。

 

税務署から定期贈与と見られないためには、贈与の日付や金額を毎年変えたり、あえて110万円を超える贈与を行い、納税の実をつくっておくという方法があります。

 

 

2.負担付贈与

プラスの財産とともにマイナスの財産も一緒に贈与する贈与契約です。

 

典型的な例としては「300万円贈与するで、200万円の借金の返済日がきたら返済してね!」といった内容です。

 

この場合、贈与税の対象となるのはプラス財産からマイナスの財産を差し引いた金額になります。

 

上記の例では300万円-200万円=100万円課税対象額となります。

 

これまで解説してきた贈与と比べて、贈与受ける人にも何かしらの義務が生じるいう点が大きな特徴になります。

 

 

3.死因贈与

以前、一度解説をしましたのでこちらご覧ください。

 

文字通り、死亡を原因として財産を贈与す契約になります。

 

死因贈与の場合に課税される税金は贈与税はなく相続税になりますので注意してください。

 

 

★贈与契約書の作成のご相談はこちら

関連記事

  1. 第72話『相続税の税率と控除額』 ~税額計算のしくみ~

  2. 第58話『土地の評価の補正』 ~基礎編~

  3. 第63話『間口狭小補正』 ~間口の狭い土地の補正~

  4. 第68話『小規模宅地の特例』 ~100坪以下の宅地は大幅減額…

  5. 第64話『奥行長大補正』 ~縦に長い土地の評価の補正~

  6. 第88話『相続時精算課税制度』 ~制度概要と注意点~

相続関連記事

PAGE TOP