民法第882条「相続開始の原因」

民法第882条 相続開始の原因

相続は、死亡によって開始する。

 

意訳

相続は人が亡くなったことを原因とスタートします。

 

条文解説

当然といえば当然の条文ですが、この条文のポイントは次の2つです。

 

1.生きている人の財産を相続を理由受け取ることはできません。

  この場合、贈与や売買などによっその財産を取得しなければなません。

 

2.相続は人が亡くなった時点からスートするものであって、役場に死亡届を提出した時点ではありません。

 

関連記事

  1. 民法第889条「直系尊属及び兄弟姉妹の相続権」

  2. 民法第966条「被後見人の遺言の制限」

  3. 民法第944条「財産分離の請求後の相続人による管理」

  4. 民法第981条「署名又は押印が不能の場合」

  5. 民法第891条「相続人の欠格事由」

  6. 民法第967条「普通の方式による遺言の種類」

相続関連記事

PAGE TOP