民法第884条「相続回復請求権」

 

民法第884条 相続回復請求権

相続回復の請求権は、相続人又はその法定代理人が相続権を侵害された事実を知った時から5年間行使しないときは、時効によって消滅する。

相続開始の時から20年を経過したときも同様とする。

 

意訳

相続人や親権者、後見人などは相続権が侵害されたことを知ってから5年以上経ってしうと遺産を返してもらったり、相続人としの地位を回復させる請求ができなくなる。

遺産を遺した人が亡くなってから20年以上経っても同様の請求ができなくなる。

 

条文解説

相続では相続人がもっている相続権が何らかの理由で侵害されてしまうケースが稀にあります。

 

相続権の侵害とは

1.相続権がない人が遺産を取得した場合

2.自分が取得するべき遺産を他人がもっていて離さない場合

3.遺産分割の話合いに参加しないうちに話が終わっている場合

などが挙げられます。

 

このような場合は、本来もっている相続権をしっかりと使えるような状態に戻してもらわなければなりません。

 

 

請求の相手は主に

1.相続権がないにもかかわらず遺産を取得した人

2.自分が相続する財産を渡してくれない続人

となります。

 

前者は、相続廃除をされた人であったり、ウソの出生届によって戸籍上、亡くなっ方の子となっているケースです。

後者は、相続人の一人が亡くなった親産を管理していて、他の相続人が遺産の一部を取得することが決まったにもかかわらず、引渡してくれないケースです。

 

これらのケースでは、この民法第884条拠として、遺産もしくは相続人として位を回復してもらうことになります。

ただし、一方で法律関係を早く確定さ要もあるため、5年や20年といった時効が設けられていて、いつまでも放置することは許されていません。

 

関連記事

  1. 民法第950条「相続人の債権者の請求による財産分離」

  2. 民法第907条「遺産の分割の協議又は審判等」

  3. 民法第982条「普通の方式による遺言の規定の準用」

  4. 民法第966条「被後見人の遺言の制限」

  5. 民法第889条「直系尊属及び兄弟姉妹の相続権」

  6. 民法第923条「共同相続人の限定承認」

相続関連記事

PAGE TOP