民法第896条「相続の一般的効力」

 

民法第896条 相続の一般的効力

相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。

ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

 

意訳

相続人は相続が始まった時から、被相続人がもっていた財産についての全ての権利や義務を受け継ぐ。

ただし、性質上、被相続人しかもつことができなかった権利や義務は除く。

 

条文解説

相続人は相続が始まると、亡くなった人がもっていた財産について、原則、全ての権利や義務を相続することが定められています。

預貯金や不動産の相続は分かりやすいですが、借金がある場合には、借金を返済する義務も相続人が相続することになります。

 

但し書きの「被相続人の一身に専属したもの」は、権利・義務の性質上、被相続人しかもつことができないものを指します。

具体的には

・親権

・扶養義務

・代理権

・雇用上の権利・義務

・資格

・生活保護を受ける権利

などが含まれると考えられています。

 

関連記事

  1. 民法第983条「特別の方式による遺言の効力」

  2. 民法第904条「特別受益者の相続分」

  3. 民法第949条「財産分離の請求の防止等」

  4. 民法第912条「遺産の分割によって受けた債権についての担保責…

  5. 民法第923条「共同相続人の限定承認」

  6. 民法第943条「財産分離の請求後の相続財産の管理」

相続関連記事

PAGE TOP