民法第933条「相続債権者及び受遺者の換価手続への参加」

 

民法第933条 相続債権者及び受遺者の換価手続への参加

相続債権者及び受遺者は、自己の費用で、相続財産の競売又は鑑定に参加することができる。この場合においては、第260条第2項の規定を準用する。

 

意訳

相続債権者や受遺者は自身の費用で相続財産の競売または鑑定に参加することができる。この場合「共有物の分割への参加」(民法第260条2項)に規定されているルールに従わなければならない。

 

条文解説

遺産を現金化するために競売にかけられた場合、その手続きが適正に行われたかどうか、鑑定価格は適正かどうかは、相続債権者や受遺者にとって非常に関心のあるところです。

そのため、相続債権者や受遺者に、競売や鑑定に参加することを認めることが規定されました。

 

なお、相続債権者や受遺者が競売や鑑定に参加することを請求したにも関わらず、参加させずに手続きを行った場合は、その結果を請求者に対して主張することはできません。

 

関連条文

民法第260条 共有物の分割への参加

1項

共有物について権利を有する者及び各共有者の債権者は、自己の費用で、分割に参加することができる。

2項

前項の規定による参加の請求があったにもかかわらず、その請求をした者を参加させないで分割をしたときは、その分割は、その請求をした者に対抗することができない。

 

関連記事

  1. 民法第938条「相続の放棄の方式」

  2. 民法第904条の2「寄与分」

  3. 民法第909条「遺産の分割の効力」

  4. 民法第964条「包括遺贈及び特定遺贈」

  5. 民法第980条「遺言関係者の署名及び押印」

  6. 民法第907条「遺産の分割の協議又は審判等」

相続関連記事

PAGE TOP